Fukushima Dialogue

ICRPダイアログセミナーは、2015年12月のワークショップをもって、全12回で一区切りをつけました。
ICRP Dialogue Seminar had put a period to its twelfth assembly with the workshop held on December 2015.

【参考資料 references】

けれど、これですべてが終わったのではありません。
However, it is not the end of everything.

引きつづき、ダイアログセミナーに関わった地元の人の手によって、「福島ダイアログ」が継続されることになりました。
"Fukushima Dialogue" is going to be continued on by the local people who was involved in the Dialogue Seminar.

主催は、その回ごとに違いますが、日本財団の後援とICRPの協力のもとに、ダイアログは続きます。
The host organization would vary for every assembly, but the Dialogue will be held with the backup of the Nippon Foundation and with the cooperation of ICRP.

福島のエートスでは、これまでのICRPダイアログセミナーと同じように、主催から情報をお預かりできたものについて、サイトに掲載していく予定です。
As same as past ICRP Dialogue Seminar, we Ethos in Fukushima will continue to publish provided materials from the host organization on our website.

掲載する資料は、福島ダイアログの各回の主催者、あるいは参加者の見解であり、福島のエートスの見解ではありません。
The materials are the opinion of the host organization of each Fukushima Dialogue or of each participant, and not of Ethos in Fukushima.


福島ダイアログ Fukushima Dialogue
後援:日本財団 / Sponsored by the Nippon Foundation
協力:ICRP / Cooperation of ICRP





2016年3月12日・13日/12-13 March 2016
都路ダイアログ Miyakoji Dialogue


2016年7月9日・10日/9-10 July 2016
飯舘フォローアップダイアログセミナー Iitate Follow-up Dialogue Seminar
主催:飯舘フォローアップダイアログセミナー実行委員会 責任者:安東量子(福島のエートス)
Host: Executive Committee of Iitate Follow-up Dialogue Seminar / Responsible person: Ryoko Ando (Ethos in Fukushima)
飯舘村の今を、見る、聞く、話す、語りあう、未来をともに考える/To see, listen, talk and discuss the present of Iitate Village and think the future together


2016年10月1日・2日/1-2 October 2016
双葉地方におけるダイアログセミナー the dialogue "The rehabilitation of living conditions in the Futaba region"


2017年3月11日・12日/11-12 March 2017
双葉大熊ダイアログセミナー Futaba-Ohkuma Dialogue Seminar
主催:双葉大熊ダイアログ実行委員会
Host: Futaba-Ohkuma Dialogue Organizing Committee
2017年3月11日12日 双葉大熊ダイアログセミナーご報告 Report of Futaba-Ohkuma Dialogue Seminar on 11-12 March 2017


2017年7月8日・9日/8-9 July 2017
伊達ダイアログセミナー Date Dialogue Seminar
主催:伊達ダイアログ実行委員会
Host: Date Dialogue Organizing Committee

0 件のコメント:

コメントを投稿